記事の詳細

 

 高松市内観光第3弾

玉藻公園⇒屋島⇒栗林公園(りつりんこうえん)

雪の屋島を散策してから再び琴電に乗り、栗林公園に向かいました。

琴電屋島駅から電車に乗り、瓦町駅で乗り換え、栗林公園駅で下車しました。

 

栗林公園駅から栗林公園まで15分くらい歩きました。思っていたより遠かったです。

高松に出張に来るたびに栗林公園は気になっていたのですが、なかなか足を運ぶ機会がなかったのです。

栗林公園は国の【特別名勝】に指定されている庭園の中で、最大の広さを誇っているそうです。

四季折々の花を観賞することができます。

春は梅、桜

夏は花菖蒲(ハナショウブ)、蓮(ハス)

秋は楓(カエデ)

冬は椿(ツバキ)

です。

私が訪れた2月3日にはもう梅が咲いていました。

344.jpg

梅の花も綺麗でしたが、梅の香りも素晴らしかったです。

そして売店で鯉(コイ)のエサを購入し、近くの鯉にエサをあげて遊びました。

玉藻公園の鯛(タイ)とは違い、水面に勢いよく顔を出し、エサに喰らいついていました。

栗林公園のコイ

さすがに鯛や鯉にばかりえさをやっていても仕方ありません。

私も喉が渇いてきましたので

【栗林公園でビア】を頂きました。一軒目の茶屋で【アサヒスーパードライ】を呑んだのですが

さらに歩いていると、二軒目の茶屋で【さぬきビール】という地ビールを発見しました。

 

先ほどスーパードライを呑んだばかりでしたが、さぬきビールを飲まないことはありえません。

近くで鯉にエサをやる観光客を見ながら讃岐ビールを頂きました。

さぬきビールはちょっと薄いかな。でも美味しかったです。

にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ

ビールを飲んだ後、庭園内にある【芙蓉峰】に上りました。

私が今まで見た庭園の中で最高の眺めがそこにありました。

栗林公園

栗林公園に行かれる際は【芙蓉峰】が一番のお勧めです。

芙蓉峰の説明

【芙蓉】が【富士山】の別名であることを初めて知りました。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る