記事の詳細

一週間ほどタイ(バンコク・ブンサムラン・アユタヤ)に行ってきました。

今回は最近購入した「Google Nexus 7 LTE版」をお供に連れて行きました。Nexus7のLTE版にしたのは、旅行先で現地のSIMカードを入れて、インターネット使い放題にするためです。

nexus7LTE

auの携帯を海外でパケ放題にすると 一日2980円もかかってしまいます。(パケ放題にし忘れたらおそろしい料金が請求されそうです)

一週間の滞在だと、2980円×7日=20860円かかります。しかし、タイの現地SIMを使うこと7日間で299バーツ(930円ほど)ですんでしまいます。

2万円は結構大きいな~。もっと長く滞在する人は尚更です。

nexus7のwifiモデルではなくLTEモデルにした分の差額はこれだけで十分回収できました。

さてさて、同じようなことを考えている人たちに、現地SIMでインターネット使い放題にする方法を書き記しておきます。

タイでNexus7に現地SIMカードを入れて格安でインターネットし放題にする方法

1.スワンナプーム国際空港に到着したら1回にある「AIS」のカウンターを探す。
AISカウンター

2.ツーリスト用のHappy Tourist用SIMカード を指定する

私は7日用にしましたが他のプラン(日数)もあります。

「No Need to Top up」 「これ以上継ぎ足す必要がない」ということ「使い放題というこです」、無制限に使えますが1Gを超えると速度が遅くなります。(ホテルにいるときはホテルの無料wifiを使っていましたので、1Gを超えることなく利用できました)

ツーリスト用SIMカード
3.一週間分(7日分)の料金299バーツ(930円)支払ってSIMカードを入れてもらう。
SIMカードを開けるピンを日本に忘れていたので困ったな~と思っていたのですが、SIMカードの挿入から設定まで、カウンターのお兄さんがすべてやってくれました。
AISでSIMカード購入
写真に写っているのが私のNexus7君です。今回の旅行で大活躍してくれました。
4.受取ったら使えるようになっているかどうかその場で確認しておきましょう。

以上。
今回の旅行では、レストランを探したり、アユタヤの象さんの上から日本にスカイプしたり、ブンサムランで30キロほどの大ナマズとの格闘シーンを日本に中継したりしました。
昔は地球の歩き方片手に、旅をしたものですが、すっかり時代はタブレットになっています。
次回の旅行からもNexus7君は必携です!

関連記事

    • OBATA
    • 2014年 4月 25日

    はじめまして。
    私も海外で使えるようSIMフリーであるNEXUS7(2013LTE)を購入しました。
    そしてこれまた同じように今度タイへ持って行こうと思っています。

    記事ではAISのSIMを使われていますが、TRUEは使用されたことはありますでしょうか?
    私は前回まではポケットwifi D25HWにi-mobile 3GX や k-cool のSIMを刺して使っていましたが
    今度はNEXUS7を持っていくので、SIMの選択肢が広がりました。

    今度の滞在は1週間足らずなので、たぶん1GBのSIM1枚で足りてしまうと思うので色々試すこともないでしょう。
    使われた際のスピード(使用感)など教えて頂けたら幸いです。

    まだタイではLTEがほとんど普及してないようでLTE対応のSIM発売が待ち遠しいですね。

ページ上部へ戻る