記事の詳細

ブンサムランフィッシングパーク

タイ・バンコクの郊外にある「ブンサムランフィッシングパーク」に行ってきました。

狙うはメコン大ナマズ(プラーブック)と巨大鯉(パーカーホ)。

前回、マレーシアのランカウイやアメリカのキーウエストでバラクーダを狙ったときは坊主だっただけに、今回は気合が入っています。

ブンサムラン料金表

事前に知らべた時は料金1000バーツ(3100円ほど)だったのに、2倍の2000バーツ(6200円ほど)に値上がり><。

ここまで来て引き下がれないので、ガイドをひとり雇って、魚釣り開始です。

ブンサムランフィッシングパーク

ブンサムランフィッシングパークはこんな感じ。湖を釣堀にしたようなところです。向こうに見えているコテージでは泊まりながら釣りをすることができます。

タイの大物つり

エサはこんな感じです。すべてフィッシングガイドがやってくれます。

メコン大ナマズのエサ

練りエサ

お世話になったフィッシングガイドのブンさん。エサを作って、仕掛けを投げ込むところまでやってくれます。とっても気さくでいい人でした。

フィッシングガイドのブンさん

メコン大ナマズ釣り

メコン大ナマズ

メコン大ナマズ(プラーブック)

この日は30キロオーバーを筆頭に二人で9匹釣りました。(すべて20キロオーバー)

私達は11頃に到着し、15時ごろには切り上げましたので、4時間ほどで9匹です。

隣で釣っていた人は朝の9時から釣って、一匹も釣れていないといっていました。我々が帰ったあと、釣れたのだろうか・・・。

 

ブンサムランフィッシングパークのデータ

  • 釣り料金 2000バーツ (料金表の写真を参考にしてください。2013年11月)
  • ガイド料金 1000バーツ
  • エサ代とレンタル竿代、仕掛け代がかかります。(料金表の写真を参考にしてください。2013年11月)
  • 交通:地下鉄スクンビット駅からタクシーで280バーツ。(帰りは150バーツほどで帰れましたので往路はボラれたかも)
  • 帰りのタクシーはフィッシングパークで呼んでもらえます。
  • レストランや釣具屋さんもあるので、設備は充実しています。
  • 食事やビールの配達もあります。(自転車で配達してくれます)

タイの昼ごはん

もちろん、大物釣りで乾いたのどは現地のビールで潤します。(この日はビアチャーン。※チャーンとはタイ語で象。象さん印のビールである)。

「その国のビアをマターリ呑む。これ至極の喜びなり」⇒【旅とビア】のコンセプトです。

タイの昼ごはん

タイのレストラン

釣具屋さん

トイレもちゃんとあります。

タイのトイレ

 

おまけ

日本のテレビ番組「飛び出せ科学君」も取材に来たようです。

飛び出せ科学君
今回釣った9匹はすべて「メコン大ナマズ」。次は巨大鯉(パーカーホ)に挑戦したいな~。

関連記事

お勧め記事

関連記事

    • えいみ
    • 2014年 12月 06日

    ブログ楽しく読ませていただきました!!!
    私、TABIPPOのスタッフのえいみと申します。
    この場をお借りしてあるイベントの告知をさせていただきます。

    【世界一周コンテストWORLD】
    “世界一周経験者”限定のコンテスト。
    世界一周の体験や魅力を、次に旅する世代に伝えてみませんか?
    最優秀賞者には”賞金10万円”を贈呈。

    詳細→http://tabippo2015.com/world/
    世界一周団体TABIPPO/株式会社TABIPPO

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る